沖縄・奄美スローフード協会
ホーム スローフード協会とは 協会規約 イベント情報 役員の紹介 入会申し込み 菜園プロジェクト リンク

第1条(名称) 

本会は、沖縄・奄美スローフード協会といい、本部を那覇市樋川1-1-11-202(有)楽園計画内に置く


第2条(目的)

本会は、沖縄・奄美の食文化の正しい情報を消費者に伝えることを目的とし以下のようなスローフード運動を広げる活動を積極的に行うものとする。

1.消えつつある郷土料理や質の高い食材を守ること。

2.質の高い素材を提供してくれる小生産者を守っていくこと。

3.子供たちを含めた消費者全体に、食文化の啓発を行うこと。


第3条(条件) 

本会は、スローフードに興味がある者なら誰でも入会できるものとする。


第4条(会員) 

本会は、本会の目的に賛成し、会費を収める個人を会員とする。

1.会員は、会員、賛助会員からなる。

2.賛助会員は、本会の活動に積極的に協力し、それを特別に援助する個人及び団体から成る。

3.入会は、所定の用紙に入会金および会費をそえて申し込み、常任理事会の承認を必要とする。


第5条(事業) 

本会は、第2条の目的を達するため必要な次の業務を行う。

1.総会、親睦会、その他スローフードに関する社会参画

2.沖縄、奄美と日本および世界の他スローフード協会との交流および情報交換

3.生産、流通、消費、技術、広報などの業務と情報収集

4.機関誌、出版物の発行およびイベントの開催

5.その他本会の目的を達するための事業


第6条(総会) 

1.総会を年1回に会長が召集し、開催する。
但し必要に応じて会長が副会長及び事務局長と協議の上、臨時総会を開くこととし、総会は次のことを行う。

(イ)前年度の事業報告と決算の承認

(ロ)本年度事業の方針と予算の決定

(ハ)会長、副会長、幹事、会計、監査役、理事の選出         

2.総会の議案は、出席者の過半数の同意をもって決議とする。


第7条(役員) 

本会に次の役員を置き、協会の運営に当たるものとする。

イ.名誉会長 必要に応じ設けるものとする。

ロ.顧問   若干名

ハ.会長   1名

ニ.副会長   若干名

ホ.事務局長 1名

ヘ.監査役  1名

ト.会計   1名

チ.理事   若干名

1.常任理事会は、会長、副会長、事務局長、監査役、会計で構成する。

2.役員の任期は、総会から総会までの2年とする。

3.会長は1名とし、総会で選ばれ本会を代表し、会務を総括し議長を務める。

4.副会長は、総会で選ばれ会長を助け、会長が支障ある時は、その代わりをする。

5.会計は、総会で選ばれ会務を審議し、会計に関する事務を統括する。

6.事務局長1名は常任理事会で選ばれ、本会の窓口業務及び業務全般を行い議事録を作成する。

7.監査役1名は常任理事会で選ばれ会計を監査する。

8.顧問若干名は会長が委嘱し会務につき詰問をうけ、本会にアドバイスをすることができる。

9.理事は総会で選ばれ、本会の円滑な運営を図る。 


第8条 (事務局、専門委員会)

1.事務局は、常任理事で構成し、日常会務を行う。
2.本会運営上必要に応じ、常任理事会のなかに専門委員会をもうけることができる。


第9条 (会計)

1.本会の会計は、入会金、会費、事業収入および寄付金でまかなうものとする。

2.本会の年度は6月1日から翌年5月31日までとし、会計は事務局長と会計が行う。

3.会計監査は、年度初めの総会にて収支を明確にし、報告しなければならない。


第10条(会費)

1.入会金は無料とし、会費は10,000円(一般)・5,000円(学生)・2,500円(家族)とし、通信費、印刷費、他団体会費などに充当する。

2.パートナー会員は、1人および1団体につき年1口=30,000円とする。

3.退会希望者は、退会希望を事務局長に提出することにより、退会することができるが、自己退会による会費の払い戻しはしない。

4.会員が1年以上会費未納の場合は、自動的に除名とする。


第11条

1.本規約は、常任理事会により改訂議案を作成決議し、総会に報告する。

2.本規約は2003年9月より実施する。


2006年6月修正
沖縄・奄美スローフード協会規約

←トップに戻る ][ ↑ページトップ