沖縄・奄美スローフード協会
ホーム スローフード協会とは 協会規約 イベント情報 役員の紹介 入会申し込み 菜園プロジェクト リンク

8月18日(土)に「大豆収穫祭」と「8月定例会」が開催されました

 8月18日(土)、沖縄・奄美スローフード協会の菜園プロジェクトで育成中の大豆を収穫する「大豆収穫祭」と、「8月定例会」が行われました。

 「大豆収穫祭」は、当協会の畑で5月20日に種から植え付けをした大豆を収穫するのがメイン。枝豆として食べる分を、ひとさやずつ収穫していきます。初めての枝豆は小ぶりで見た目もやや劣りますが、その粒を指先に感じながらの作業に喜びもひとしお。安全で安心できる食材作りには、手間がかかるものだと実感した3ヶ月でした。
 続いて行われた「8月定例会」の議題は、『なごや食フェスタ2007』(9月27〜30)、『筑後平野スローフードフェスタ』(10月13〜14日)、『キューバ有機農業視察ツアー』(10月24〜31日)や、大豆プロジェクトについてなど。秋に向けて多くのイベントが開催されるため、当協会でも力を入れて参加していく方針で話し合われました。
 懇親会では、収穫したばかりの枝豆をはじめ、会場を提供していただいた「泡盛楽園」のオリジナル大豆料理が振る舞われました。大豆といえば豆腐や納豆、煮豆などがポピュラーですが、今回はサラダから始まり、メイン、ご飯、デザートまで全てが大豆尽くし。“大豆=和食”という概念を覆すバラエティ豊かな味わいに、参加者一同が大絶賛でした。

 菜園プロジェクト発足により、自分達の手で大豆を育てることで“ダイズが大事”なことを改めて見直すきかっけとなりました。今後も活動は続けていきますので、皆様の参加をお待ちしております。

 
枝豆 収穫野菜集合
主役の枝豆は小粒ですが、しっかりと味わいがありました。畑に残っているものは、10月頃に大豆として収穫する予定です ナス・オクラ・ヘチマ・ハンダマ・ヘチマ・ゴーヤーなども同時に収穫されました。これぞ大地の恵み!
 
集合写真 泡盛楽園
大量収穫に大満足の参加メンバーたち。駆けつけてくださった皆さん、大変お疲れさまでした 定例会は、大浜理事がオーナーを務める泡盛と沖縄料理の店「泡盛楽園」で行われました
 
定例会の様子 チリビーンズ
今回は新たにメンバーに加わった方々の参加もあり、真剣に耳を傾ける姿が見受けられました 田崎会長特製のチリビーンズは、スパイスを効かせたピリ辛味。カリカリに焼いたバケットと共にいただきました
 
ひじき 豆腐
与那原ひじきと共に炊いた大豆は、豆の甘さが引き立つやさしい味わい。家庭でも常備菜に加えたいものです 大豆を丸ごと使うことで“おから”を出さずに作られるヘルシーな豆腐を用いた炒め物。大豆本来の濃厚な風味が、味噌にピッタリ
 
赤米 テビチ
赤米と大豆が入ったご飯は、モチモチとしたお米の食感に、豆のホックリ感がマッチした食べ応えのある仕上がり 「泡盛楽園」で大人気のテビチと大豆をアレンジした逸品。テビチのコクがしみこんだ大豆は、ご飯がすすみます
 
※毎月1回の食事会他、様々なイベントを企画中です。詳しくは当ホームページにて情報を公開致します。
沖縄・奄美スローフード協会 会員数60名(2007年12月現在)
←トップに戻る ][ ↑ページトップ