沖縄・奄美スローフード協会
ホーム スローフード協会とは 協会規約 イベント情報 役員の紹介 入会申し込み 菜園プロジェクト リンク

キューバ有機農業レポート 1

都市有機農場 有機農場02
ハバナで最初にオープンした「オルガノポニコ」都市有機農場、きちっと整 理された畑は元空き地で、アスファルトに土を入れて囲いを作っている。レタス、青梗菜などが植わっ ていた。 郊外の団地にある有機農場、土はキューバも赤土だがよく手入れされており、土壌もホカホカである。
ウコン、アセロラ、ノニ、レタス、オレガノ、グアバ、バナナなどが混植されていて、皆元気に大きく育っている。
有機農場03 有機農場04
籾殻のそばで説明を受けている一行 110haの畑には、青々とした野菜が植わっている。向こう側に見えるのが団地、その生ごみを堆肥にしている。
有機農場05 米会議
ミーティングルームは、茅葺で洒落ている。アセロラのジュースとキューバのコーヒーをごちそうになった。 国営米作研究所での稲の害虫についてのミーティング。ゴンザレスさんは、日本に半年ほど滞在したことがあるという日本通。
ミミズ1 ミミズ2
ミミズ堆肥プロジェクトの説明を聞く。 ミミズ堆肥の層つくり。棚田になっており、3段階に移すようになっている。
ミミズ03 ハーブ園
ミミズ堆肥にいるミミズ君。小さいが、元気いっぱい! 住宅街の中にあるパーマカルチャーの農園。薬草がいっぱいのハーブ園、一斗缶にミミズ堆肥と土を入れ、生ゴミを堆肥化して再利用している。エコシステムが完璧に実践されている!
コングリ 葉巻工場
キューバの主食は米、コングリという豆ご飯をよく食べる。 国営葉巻工場にて、葉巻の吸い方を伝授。
ラム酒工場 チェ・ゲバラ文部省前
国営ラム酒工場にて、さとうきびからラム酒ができるまでの説明を受ける。早く飲みたい! チェ・ゲバラの文部省前で、旗を出そうと思ったらさすがに呼び止められた。
最後の夜  
最後の夜は、生演奏のソンとカチャーシー、カナダ人、ドイツ人、インド人も一緒になって最高の盛り上がり。  
※毎月1回の食事会他、様々なイベントを企画中です。詳しくは当ホームページにて情報を公開致します。
沖縄・奄美スローフード協会 会員数60名(2007年12月現在)
←トップに戻る ][ ↑ページトップ