沖縄・奄美スローフード協会
ホーム スローフード協会とは 協会規約 イベント情報 役員の紹介 入会申し込み 菜園プロジェクト リンク

沖縄・奄美スローフード協会「4月定例会」が開催されました。

4月17日(木)、八重瀬町宜次の『クース家 宜壽次(ぎすじ)』にて沖縄・奄美スローフード協会「4月定例会」が開催されました。

田崎会長の開会の挨拶でスタートした定例会。当協会メンバーの坂井正吾さんによる〈菜園プロジェクト〉の活動報告がおこなわれ、次いで会長より新プロジェクト「食の風村プロジェクト」の紹介が行われました。

そして、残念ながら転勤のため、来月に沖縄を離れることとなった当協会副会長の森純一さんによる乾杯で、食談会がスタート。今回の定例会のテーマは『ビンテージ古酒(クース)を楽しむ会』。店内は、泡盛に惚れ込んだ店主・外間さんが収集した古酒(クース)が、ラック状の棚が設えられた壁一面にずらりと並べられ、その様子はまさに圧巻。数十年ものの古酒や、今では販売されていない泡盛、レトロなラベルの泡盛等、見ているだけでも楽しい、さながら泡盛博物館ともいうべき、数々のコレクションを拝見しながら、とっておきの古酒に舌鼓。

また料理も、石垣黒鶏のバンバンジー、スローフード協会の菜園で採れたニガナやハンダマの白和えに島らっきょうの鰹節和え、赤マンボウ・マグロ・サザエの刺身、テビチの煮込み等が次々と運ばれ、さらにメンバーからの差し入れも多数加わって、テーブルを賑わせました。

おいしい泡盛においしい料理。泡盛談義にも花が咲き、まさに、古酒を楽しむ会という今回のテーマ通りの、楽しい定例会となりました。ご参加・ご協力いただきました皆様、この度は誠に有り難うございました。

会長挨拶 報告1

沖縄情緒満点の「宜壽次」の外観

数々のビンテージ古酒が並ぶ店内

報告2 坂井さん

森純一副会長の乾杯で食談会開始!

古酒と料理を楽しむ参加メンバー

砂川さん 乾杯

古酒を片手に泡盛談義の真っ最中

ずらりと並ぶ泡盛を背に記念撮影

※毎月1回の食事会他、様々なイベントを企画中です。詳しくは当ホームページにて情報を公開致します。
沖縄・奄美スローフード協会 会員数60名(2008年4月現在)
←トップに戻る ][ ↑ページトップ