沖縄・奄美スローフード協会
ホーム スローフード協会とは 協会規約 イベント情報 役員の紹介 入会申し込み 菜園プロジェクト リンク
クブイリチー
材料 分量
昆布 150g
豚の三枚肉 100g
切干ダイコン 50g
かまぼこ 60g
こんにゃく 50g
椎茸(乾燥) 2枚
カツオのダシ汁 3カップ
醤油 大さじ3
みりん 大さじ3
砂糖と塩 少々

海の薬草ともいわれる昆布。高血圧を防ぐアルギン酸、カルシウムやナトリウムなどの主要ミネラル、ヨウ素や鉄などの微量ミネラル、食物繊維、胃や肝などの内臓機能を向上させるフコイダンなど多種の栄養を含む。この昆布の栄養を丸ごと摂れる沖縄料理が、クーブイリチーだ。

かつて昆布消費量日本一を誇った沖縄も、最近では昆布巻きやダシとして使う富山や青森に抜かれている。昆布はクセがあって苦手という人は、三枚肉やかまぼこの分量を多くしよう。
我が家は切干ダイコンの分量を多くし、ほとんど“干しダイコンイリチー”と呼べるものになっているが、食べやすくて好評だ。

日本では“平均寿命”と“健康寿命”の差は現在8年。つまり、心か体の健康を失った後も平均して8年は生きなければならない。予防的な機能はいまの行政では医薬品とはみなされないが、脳の活性化に効くグルタミン酸も多く含む昆布は、高齢社会で痴呆老人を増やさないためにも、その予防的な機能がもっと広く認識されていいクスリである。



クブイリチーのレシピ (4人前)


(1)昆布は5mm幅に、豚の三枚肉、かまぼこ、こんにゃくは1cm幅に切る。椎茸は水に20分ほどつけて短冊形に切り、切干ダイコンは沸騰したお湯で軽く茹でて戻し、食べやすい大きさに切る。

(2)鍋に醤油とみりんを入れ、肉とこんにゃく、椎茸、切干ダイコンを茹でる。これを汁ごと一度皿に上げる。

(3)鍋に油をしき、昆布を炒める。少しずつカツオのダシを加え、煮汁が少なくなったら2の具を入れる。

(4)最後にかまぼこを入れ(早めに入れると魚くさくなる)、強火で炒め、砂糖と塩でお好みに味付してできあがり。



レシピ制作者プロフィール

「島へ」元編集長 沖縄・奄美土着料理研究家 
ウチナー嫁 の 伊良皆 都氏

 
[ ←料理レシピトップへ戻る ]
←トップに戻る ][ ↑ページトップ