沖縄・奄美スローフード協会
ホーム スローフード協会とは 協会規約 イベント情報 役員の紹介 入会申し込み 菜園プロジェクト リンク
紅芋しるこ
紅芋しるこ 
材料 分量
紅芋 300g
牛乳 300cc
砂糖 70g
白玉粉 1/2カップ

40〜50cc

ゆで小豆(甘煮缶) 大さじ4
チョコスプレー 少々

サツマイモの一種である紅芋の赤色の秘密は、アントシアニンという名の色素が多く含まれているからです。
特に平成7年に色素抽出用に品種改良されて生まれたアヤムラサキという種類の紅芋には、このアントシアニンが豊富に含まれていて、これには様々な健康効果がある事がわかってきています。
一例を挙げれば、発がん性物質の作用抑制、動脈硬化の抑制、抗酸化作用など。
また、それだけではなく、紅芋はビタミンA、C、カリウムも多く含んでいるので、美肌効果や、むくみの解消効果も期待できるそうです。紅芋は、まさに健康と美容の両方に良い、優れた食品であると言えるでしょう。


紅芋しるこの作り方(4人前)


(1)紅芋は蒸してから皮をむき、裏ごししておく。

(2)鍋に(1)の紅芋を入れて火にかけ、牛乳を少しずつ入れてのばし、砂糖を加えて甘味をつける。

(3)ボールに白玉粉を入れ、固さを見ながら少しずつ水を入れてよくこね、丸い団子を作る。鍋に湯を沸かし、団子を入れて浮き上がってくるまでゆでる。

(4)器に小豆と(3)の白玉団子を入れ、(2)の紅芋しるこを注ぎ、色どりにチョコプレーを散らす。



レシピ制作者プロフィール

西大学院・学院長
沖縄・奄美スローフード協会顧問
西大 八重子氏

 
[ ←料理レシピトップへ戻る ]
←トップに戻る ][ ↑ページトップ